理系卒の社員も必要だがそうでなくても自分次第で働ける環境は得られる

この記事をシェアする
B!

仕事だけするのも大切ですが普段の時間も有効に使いましょう

作業中の休憩時間の過ごし方

労働基準法34条の中で、労働時間が6から8時間の場合は45分の休憩、8時間以上なら1時間以上の休憩取得を定められています。新亜光学工業株式会社の仕事は集中力や細かな技術力を必要とする仕事があるため、休憩時間には配慮をしています。

製造や開発をする社員の休憩時間は、休息を十分に取れるようにします。例えば、社員同士で会話をしたり、一人で音楽鑑賞をするなど自分なりのリラックス方法を見つけています。

物流の仕事をする人は移動時間が長く、運転の集中力を保つための上手な休憩時間取得は欠かせません。しかし、納期から逆算をしたうえで休息をとっています。上手く活用する人は、納期に間に合うように仕事をします。この経験は、物流の仕事以外で時間管理をする際に活かせます。

休暇を有意義に過ごすために

新亜光学工業株式会社では、繁忙期以外の休暇取得は積極的に設けています。家族がいる人は家族サービスに充てていて、その他旅行をはじめ自分の趣味に時間を充てています。できるだけプライベートに仕事を持ち込みたくない人は、その方法を採用しています。

一方、休暇の日でもスキルアップに余念がない人もいます。様々な光学製品を見つけて、品質の良し悪しを研究したり、語学を高めるための勉強をするなどをしています。各種経験を新亜光学工業株式会社の仕事に還元しており、良い製品づくりに繋げています。

また、仲の良い社員同士で集まる場合もあります。仕事や生活の悩みや疑問を話し合い、解決に図るようにしています。親睦を深められる以外に、問題解決をすれば互いにプラスになるでしょう。